読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

w-inds.と不思議②

f:id:will-go-happy-j:20161204220618j:plain
15年前に付き合っていた一個下の彼氏君。
当時よくAnother daysを歌わせていた。
彼は伊藤英明君に似てるイケメン君と思っていたが、よく見てみると凉平君に似ていた。
丙辰の水星人。命式も凉平君に似ていた。
だからと言って好きになった訳じゃない。
当時はまだ20歳そこらの若造だった私は、慶太君が一番好きだった。
慶太君も又、高校生の時に付き合っていた元彼君に、デビュー当時の顔が似ていた。
宿曜双方室宿。だから似てるのか?
いや、よくよく見ると、凉平に似ていた。
そういや、中学一年の頃好きだった男の子は、龍一君に似ている。
バクステの龍一君、その彼にそっくり。
不思議な感じの、ちょい天然サッカー男子でモテていた。
あれ?何か共通してない?
そう、無理矢理こじつけている訳ではない。
もっと言うと、元旦那は、何人か似てるって、特に幼なじみの相方は、言っていた。
慶太君に少し似てるよね。と。
そう思った時、同じタイミングで同じ事思ったからビックリした。
何が言いたいのか。
好みや、共通するもの、何か引っ掛かるモノ、パッション、etc…
その「何か」があって初めて生まれる不思議。
奇跡?軌跡?
よくわからないけど、きっと何か繋がってて、ここまで来たとしたら…
出会いって全部意味あるんだね…
冒頭の元彼君。
サッカー⚽馬鹿だったんだけど、彼のやるフットサルチームのメンバーが、他にもチーム掛け持ちしてて、その人が、慶太君のチームと戦った事あったらしく、戦った場所にポスターが置いてあったので、元彼君が写真撮って送ってくれました。
当時めちゃめちゃテンション上がり、ここでフットサルやろうやろう言ったのを思いだしました(笑)
こう言う関節的なご縁の不思議、まだまだあります。