読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無限の住人❗ the's 感想🎵

f:id:will-go-happy-j:20170511185454j:plain
先週、やっと見に行けました❗
凄い引き込まれました…
木村拓哉
まさに新境地❗って感じでした。
いい意味なのかな?
「キムタク」を脱皮してきている感はありました。
凄くかっこよく、ダサくもあり(笑)、キモくもあり、完ぺきじゃない感じが、私は良かったです。
「元」「SMAPファン」の方たちが、どう受け止めているかは、私は知った事ではありませんが、むしろ私は、時代と、世間に躍らされていたから、スマスマを見ていたり、TVは、お笑いと、ジャニ占領だったから、乗っただけで、特段SMAPには興味ありませんでした。
なので、脱皮してきた方が、個人的には好感。
これから5人には、多方面で脱皮して欲しいです。
して、本題。
原作はお目にかかった事ないのですが、漫画好きの私としては、久々火がついた。
読みたくなりました。
正直、まんじさんの生き方は、もう完ぺき世捨て人だと思う。
死に場所を探して、たどり着いた場所が、cook doのCMでお馴染みの、なんたら花ちゃん演じる、凜だった。
彼女のお陰で、「命」を取り戻して行くまんじ。
彼女の親が酷い殺されかたをして、復讐の為に、まんじを「用心棒」として雇おうとする。
けど最初は断られてしまうけど、凜の覚悟と、まんじの「過去」が繋がり、用心棒を引き受ける。
凜の親殺しには、いろいろ陰謀があって、凜の親殺しの主犯各である、福士蒼汰演じる…役名忘れた❗
(一同 だめじゃん)
その福士蒼汰も、クズの極みだけど、最終的には幕府にはめられるし。
そして脇を飾る、まんじと同じ「無限」を手に入れた市川海老蔵演じる坊主。
この人は「悪」ではなく、この人も又、悲しみを抱えて、死に場所を探していた。
まんじとの対決では、「やっと死ねる」安堵の場所を見つける。
そして、市原隼人や、戸田恵梨香や、栗山千明北村一輝、ほか、豪華な脇役達…
戸田恵梨香は、悪人でありながら、心の中では悲しみと善で葛藤している。
市原隼人は、クズの極み(笑)
イッチーが谷底に落ちて死んだシーン、ざまぁと思いましたもん😅
本人は、好きですよ😅もちろん😌
栗山千明は、対決ないから、悪人だけど、すかっとしなかったな。
福士蒼汰は、静かな悪。凄い恐い。
目が笑わない感じが恐かった。
花ちゃんには沢山癒されました。
彼女は叫んでばっかで大変そうだったけど、まんじの過去にいた「町」と、現在の「凜」を見事に演じ分けて、演じきっていました。
彼女には、色気と可愛さで、凄く引き込まれました。
パンフ買うつもりなかったけど、購入😊
この物語からは、「生きる意味と目的」を教えられた感じがします。
見て良かったです。
次は、美女と野獣見ようかな😄
ハーマイオイニーと同じ「斗宿」だし。
(一同それ関係ねーべ)
いえ❗あるの❗❗
(一同 あっそ。)